この冬ELLEがお届けするお出かけアイテム

20世紀香港の旗袍

歴史(テーマ別)
スポンサーリンク

中国大陸では、1920年代から旗装袍がスリムになって、そのあと、1930年代に民国旗袍の黄金時代を迎えました。

黄金時代は1940年代にもつづき、抗日戦争のために一時は中断しましたが、1950年代に輝かしい瞬間をもちました。

そして、文化大革命によって、たくさんの人たちが旗袍を着なくなりました。

文革後の大陸では、1970年代後半にフランスのファッション・デザイナー、ピエール・カルダンが来中して輝きを戻しつつありました。

それでは、香港の旗袍は、どのように変わったのでしょうか。

このページでは、清朝期から近現代まで、大陸からの影響や西洋からの影響に触れながら、香港旗袍の歴史をたどります。

香港旗袍の歴史をたどるときのポイントは、

  1. 清末民初期の太いパイピング旗袍
  2. スージー・ウォンのミニ旗袍
  3. 「花様年華」のタイトな旗袍

この3点が1950年代から1970年代まで、趨勢が変わることです。でも、香港の旗袍を扱った本でも見解は一定していません。

ですから、3種の旗袍のタイプを味わう気持ちで、たどるのが楽しいと思います。

清朝期香港の旗袍

すでに清朝期の1870年代には、香港女性が旗装袍(旗袍)を着ていたことが知られています。

香港の歴史的特質

香港には、1世紀以上にわたるイギリスの植民地支配があり、独特な社会的構成がありました。

香港は伝統的な中国の都市でもなく、かといって完全に西洋化された都市でもありませんでした。

中国本土と地理的にふかく関連していましたが、中国本土の政治的、経済的、文化的中心地から、香港は外に存在していました。

旗袍が中国大陸で失われた1960年代・1970年代の20年間に、旗袍は香港と台湾でかなり人気が出ました。香港の場合、厳密には1966年から旗袍の人気は低下。

香港の民族衣装

香港の民族衣装というと、清朝期の影響や民国期の影響を考えて、20世紀に関しては旗袍だったといえます。男装なら長袍とスカートまたはズボンとの併用でしょうか。そうなると、男性の民族衣装は漢服に近いかな。

20世紀前半の香港旗袍

旗袍の基本的な形と変化

香港女性が民国旗袍をはじめて着たのは1920年代でした。

香港の古い旗袍店は、だいたい1920年代に設立されています。その一つが「美華時裝」(Mee Wah Company)で、香港上環皇后大道西76號にて営業を続けています。

しかし、かつて香港は漁港だったので、地元の人たちには旗袍以外に独特の服装もありました。女性は普段、「客家装」を着ていました。これは、トップスとパンツのツーピースです。一般的に旗袍は中上流家庭の女性が着ました。

他方、旗袍は新しいファッション・アイテムとして、1920年代・1930年代の上海、広東、香港では、とくにカレンダー・ポスターが外資系企業や中華系企業に依って作られ、旧暦年末に顧客にプレゼントされました。広告ポスターも多種多様に旗袍を着た女性たちをスケッチしています。

チーパオや洋服を着た女性たちを描いた広告ポスター via 協興隆老広告 11 Old Advertisement of XienXing Long, 11st series.

旗袍や洋服を着た女性たちを描いた広告ポスター via 協興隆老広告 11 Old Advertisement of XienXing Long, 11st series.

ファッショナブルな旗袍を着た女性がこれら広告カレンダーの最も人気のある主題になっていて、旗袍は明らかに広告画家に人気がありました。カレンダーは、後代のファッション科の学生にとって、主要な絵画の情報源にもなりました。

旗袍は、その魅力的な最終段階において、興味深い方法で変化しました。

導入:香港旗袍の黄金時代

① 1938年金谷白蘭地月份牌畫(Golden Valley Brandy calendar poster, 1938.) ② 1920至1930年代徳国徳利香水肥皂廠月份牌畫(Calendar poster for Georg Drall, a soap manufacturer from Germany, 1920s - 1930s.)

① 1938年金谷白蘭地月份牌畫(Golden Valley Brandy calendar poster, 1938.) ② 1920至1930年代徳国徳利香水肥皂廠月份牌畫(Calendar poster for Georg Drall, a soap manufacturer from Germany, 1920s – 1930s.) via Inspirational Thoughts: Another Display of Old Hong Kong ©Inspirational Thoughts

概説

1930年代以降、旗袍は中国都市部の女性にとって最も一般的な衣服になりました。

国共内戦後の1949年以降、上海をはじめとする本土からの移民が南方の香港へ移住しました。

1949年以降の香港旗袍のファッションは、上海スタイルの継続でした。

1949年以降、本土からの移民が香港に到着し、これらの移民の多くは上海から来ました。長い間、香港の人々が言及した「外省人」(部外者)は、とくに上海人をさしていました。

上海人は海派のライフスタイルをもたらしました。彼らは旗袍を着て香港で優雅な生活を続けました。以前ほど経済状態が良くなくても、上海人らしい生活を続けました。

1950年代と1960年代:香港旗袍の黄金時代

上海スタイルの旗袍(海派旗袍)は香港でかなり反応し、1950年代と1960年代に香港旗袍の黄金時代をむかえます。

香港では、裕福な上流階級の妻や娘、映画スター、歌手、さらには売春婦でさえ、新しいトレンドを設定し、旗袍着用を促進する最前線にいました。ドレスメーカーや洋裁師は、顧客と協力して斬新で壮観なデザインをつくるすることに躊躇しませんでした。

1950年代と1960年代に、旗袍はとても人気が出たため、さまざまな分野の女性がワードローブに少なくとも1つまたは2つの旗袍を持っていました。10代の学生、店員、主婦、ウェイトレス、プロの女性は、自分のステータスに適した自分好みの旗袍のスタイルを見つけていきました。

1950年代・1960年代に、旗袍はとても人気が出て、さまざまな年齢の女性や外を歩く全ての女性たちが少なくとも1着か2着の旗袍を衣装家具に持っていました。10代学生、事務員、主婦、ウェイトレス、職業婦人たちは、自分の地位にふさわしい旗袍様式を見つけていきました。1950年代・1960年代は香港旗袍の黄金時代といわれます。

当時の上海は中国で最もファッショナブルな都市で、旗袍が最もよく着られた場所でした。広東省南部の香港女性はこのファッションに足並みをそろえました。

1949-1959:上海旗袍(海派旗袍)の継承

基本形

スタイルの特徴からみますと、1950年代の香港旗袍と戦後の上海旗袍(海派旗袍)には、一定の違いがありました。おもな相違点は、香港旗袍のほうが、ウェストはとてもタイトで、三囲(胸囲、腰囲、臀囲)の曲線がわかりやすく、肩のラインが丸みを帯びていました。臀部と胸部の形が少し誇張されていたのです。

着ている人の旗袍にもよりますが、次の映画場面からは、たしかに普段着でもウェストがタイトな旗袍が多かったかと想像します。3点の場面をいろいろ見比べてみてください。

『夜店』は、黄佐临監督、周璇、张伐主演の映画。闻家店はあらゆる民衆が暮らす上海の高級旅館。「闻家店」のオーナー、大師文は不吉でけちで、女将の赛观音はとても痴女で、泥棒の杨七と浮気をしましたが、杨七は後に赛观音の素朴で親切な妹の石小妹に恋をしました。 、そして赛观音はしばしば彼女を詰問しました。この映画は1948年に中国で公開。via 夜店 – 搜狗百科

《小城之春》は、費穆監督の映画で、1948年に中国で公開。石羽、崔超明、韦伟、张鸿眉などが主演。via 小城之春 – 搜狗百科

『水火之间』は朱石麟監督、江桦、韦伟、李清、陈娟娟主演の映画で、1955年12月15日に中国の香港で上映されました。この映画は、古い建物に暮らす8世帯の日常生活を物語っています。via 水火之间 – 搜狗百科

側面からみると、香港旗袍では三囲間の曲線がよりはっきりしていて、海派旗袍ほど滑らかでもなく自然でもありませんでした。ヒップの形は少し誇張されていて、細いウェストとふっくらとしたヒップの視覚効果を誇張していました。

長さの観点からは、香港旗袍はミディアムレングスのエレガントなスタイルを継続し、全体的に優雅で、成熟さやセクシーさを強調していました。この裾の長さは、1940年代後半の海派旗袍と基本的に同じで、膝下約4〜5cmでした。香港旗袍は動作に便利で、女性の優雅な気質ももちあわせていました。

立領(ハイカラー)は衣装のディテールで注目に値しますが、このころ、大人の旗袍の領は比較的高くて硬く、首にフィットしました。1930年代の上海と同じように首の周りにしっかりと形づくられていました。

この種のハイカラーの旗袍も優雅な気質を十分に表現していました。旗袍は、東洋女性の細い首をよく示していて、エレガントな気質を強調しました。

張愛玲の自伝的小説「小団円」には、香港大学で学んだヒロイン九莉(Julie)を描写したものです。基本的には香港大学での作者自身の実生活記録と見なすことができます。1939年から1941年までの香港。本文では、香港大学の学生は上海人、広東人、西北人です。これらの女子学生は毎日旗袍を着ています。この本は、1941年の太平洋戦争前夜に、香港の広東人大商家の女子学生である賽梨(Sally)の服とドレスを記録しています。「プラスチック製のヘッドバンドをつけ、賽梨は薄いピンク色をしたウール地の旗袍を着ていて、スカイブルーの子犬とパラシュートがプリントされていました。」テキストでは、1940年代初頭、地元香港の人たちの旗袍はとてもファッショナブルで、トレンディでした。旗袍の生地の模様は、スカイブルーの子犬で子供っぽく、時代を反映したパラシュートがプリントされていました。このような旗袍には、パーマの巻き毛がセットになることが多く、金色のプラスチック製のカチューシャもよく似合いました。

全体像とコロケーション

1950年代の香港旗袍のイメージは、全体的に官能的なタッチを備え、成熟したエレガントなスタイルをもっていました。1950年代全体が香港女性の旗袍の時代だったとよくいわれました。

旗袍のイメージも伝統で、西洋ファッションの詳細があちこちに組み込まれました。旗袍につける衣料品も、ブラジャー、アクセサリー、カーリーパーマ、濃厚なメイクなど、かなり西洋化されていました。

下着

1950年代に流行した鋭角のブラジャーは旗袍の外観に大きな影響を与えました。

これは、上部に鋭い角がある誇張されたブラジャーでした。ブラは円を描くように連続縫いでつくられ、ブラカップの頂点に詰め物が使われていたため、先のとがった寸法の形をした胸が形づくられています。

この種のブラはアメリカで1930年代に登場しましたが、1950年代にとくに人気がでて、一般的にヨーロッパやアメリカの女性が身に着けました。

1950年代の香港旗袍が女性の胸の形を外観から強調したのは、まさにこの種の先のとがった次元のコルセットの人気のためでした。

連続縫製の方法やカップ頂点でのフィラーの使用によって、女性の胸の形が先細りに見えるようになりました。

アクセサリー

旗袍にマッチするアクセサリーは、エレガントで伝統的なスタイルを表しました。ジュエリーの素材は主に真珠と宝石であり、スタイルは比較的保守的で成熟しています。

たとえば、イヤリングは主に米粒、丸いビーズなどです。 旗袍に合うアクセサリーには手袋も含まれます。

当時の手袋は欧米の女性に大人気で、ディオール風の大人のイメージを形作る代表的なアクセサリーのひとつでした。

西洋のファッションに敏感な香港の女性も、装飾品として手袋を着用するのが好きでした。

これら長短の洋風手袋と、高い旗袍の立領は、香港女性の首と腕を密に包み込み、1950年代香港の旗袍のイメージにエレガントな外観を加えました。

ヘアスタイルとメイク

1950年代香港の旗袍は、多くの点で西洋で最もファッショナブルな女性のイメージとほぼ同じでした。

1940年代に人気があった、長くて大きな波状の巻き毛はステージから撤退し、短くてふわふわの巻き毛に置き換えられました。

タイトな旗袍を着たリン・ダイ(林黛)は華やかで大人っぽくてセクシー。背が高くてふっくらとした体型と、太い眉毛と大きな目を持つ顔の特徴から、リン・ダイの風貌は1950年代の美的基準に一致していました。肩縫線の洋服化した民国旗袍を着ています。

旗袍の短い巻き毛のスタイリングには、ある程度の吹きつけと裁断の労力が必要なうえ、慎重に丸めて形を整える必要がありました。

額の前髪はいくつかの小さなカールになり、上の髪は高く吹き飛ばされました。全体的なフィーリングは完成度が高かったです。

次の写真は1960年代香港を舞台にした映画「花様年華」の一場面。1950年代香港のヘアスタイルは1960年代にも残っていました。

ウォン・カーウァイ『花様年華』©2000 by Block 2 Pictures Inc.

このとき、女性のメイクはさらに西洋化されました。

ファッショナブルな香港女性や妻はオリエンタルな旗袍を着ましたが、メイクは完全に西洋化され、見つけるのはほとんど困難でした。

「柳媚細眼」(細い眉毛と細い目)や「桜桃小嘴」(小さな口)のスタイルは伝統的な東洋美の外観を呈していました。女性は眉毛を黒く塗り、高く湾曲させ、厚い上部アイライナーを意図的にもちあげ、紅色の唇はふっくらとに見えました。

旗袍に合うフェイス・メイクが変わり、洋風の深い目、大きな目、赤い唇になりました。つまり、香港のファッショナブルな女性は「重い眉と大きな目」を使って、旗袍に合わせたのでした。

旗袍と西洋のファッション

戦後、世界経済は急速に発展し、人々の生活水準と物質的水準は大幅に改善され、香港女性たちはドレスアップする多くの余暇とお金をもつようになりました。

ディオールが生み出した「ニュールック」は、第二次世界大戦後に登場しました。戦時中の婦人服は男性的な傾向になっていました。

戦後女性は、女性自身の特徴を強調することを望んで、エレガントな曲線の美しさをかなり親しみました。「ニュールック」は、滑らかな自然な肩のライン、タイトなウェスト、広いスカートが特徴でした。

戦後、人々の生活は繁栄しカジュアルになり、西洋の婦人服は、再びエレガントでフェミニンになったのです。女性の服は、柔らかく傾斜した自然な肩のライン、引き締まったウェスト、広がるスカート、そしてを追求しました。

1960-1969:西洋人の創造的セクシャリティー

1950年代から1960年代にかけて、香港では旗袍のピークを迎えました。その後、中後年女性のみが着用するようになり、フォーマルなイベントでは旗袍に合った素材の洋服ジャケットを併用するようになりました。

次の写真は1960年代香港でもっとも有名なものだと思っています。

この写真を写したのは邱良(YAU Leung)で、撮影は1961年。ヤウ・レオンは香港でよく知られた写真家でした。

ショウ・ブラザーズ・スタジオのプロのユニット・スチールカメラマンでした。香港のストリート・ライフの写真でも知られています。

photo by 邱良(YAU Leung), グロスターロード(Gloucester Road), Hong Kong. via 香港影像・兩代觸覺:邱良・李家昇

喜んでカラライズ加工をしたら、右の女性の白地旗袍がツーピースかのように色が分断されてしまいました…^^;

photo by 邱良(YAU Leung), グロスターロード(Gloucester Road), Hong Kong.

二人ともハイヒール・シューズ。旗袍の丈は膝下4センチほどでしょうか。スリットは浅めで、立領は高めのハイカラー。接袖で、パイピングはなさそう。

後ろ身頃にダーツはなさそうですが、かなり三囲(スリーサイズ)がはっきりしていて、ボディコンシャスになっています。

さて、1960年代をとおして、香港旗袍の開発は、おもに1966年を境にして2つの段階に大別できます。

  • 第1段階…旗袍は今なお香港女性の主な衣装の一つで、1950年代香港の旗袍の黄金時代の続きでした。
  • 第2段階…1966年以降で、香港旗袍は不況を示し、旗袍はだんだん婦人服の部門から消えていきました。

ウォン・カーウァイ『花様年華』©2000 by Block 2 Pictures Inc.

基本形

穏やかでエレガントな旗袍のイメージは、1950年代後半にもはや人気がありませんでした。

1960年代後半、香港の産業が大きく発展するにつれ、女性の活動場所は、家族から社会へと広がっていきました。

香港は、ほぼ移民の街ですが、西洋人の街でもあります。

西洋人はセクシーな「スージー・ウォン」(蘇絲黃/Suzie Wong)風の旗袍を好みました。とくに米国では、旗袍がスージー・ウォン・ドレスといわれたほどです。

これは、1960年に上映されたハリウッド映画「スージー・ウォンの世界」(The World of Suzie Wong )でスージー・ウォンを演じたナンシー・クワン(Nancy Kwan/關家蒨)の着たミニ丈の旗袍です。

ナンシー・クワンが演じたスージー・ウォンの黒色ミニの旗袍。

ナンシー・クワンが演じたスージー・ウォンの黒色ミニの旗袍。 via The World of Suzie Wong (1960) | Pretty Clever Films

スージー・ウォンの旗袍は、輪郭の点で2つの特徴がありました。

  1. 旗袍の丈が短く、スリットが高い。裾は膝の位置に達し、西洋のミニスカートのようにさらに短くすることもあった。
  2. 旗袍の立体造型。海派の改良旗袍がダーツによって女性の胸・腰・臀部の曲線をスムーズにさせたために、女性のウェスト(腰)はかなり細くなり、胸部と臀部がかなり誇張された。

1960年代のミニ旗袍の登場で、香港在住の西洋女性だけでなく、香港のエンターテインメント業界の女性は、脚や体型を際立たせるために深いスリットを備えたかなりタイトな旗袍を着ました。

この種の旗袍に包まれた中国女性は成熟していて、セクシーで、魅力的で、神秘的で、幸せな女性に見えました。

ドレス・メーカーたちは、腰と尻の周辺部分を補強する依頼を多く受けました。笑ったりくしゃみをしたりして自分の着る旗袍が裂けるのを止めたかったからです。

ウォン・カーウァイ『花様年華』©2000 by Block 2 Pictures Inc.

アメリカの映画文化の影響もと、香港の映画産業もまた、多くのリラックスした都会の映画を撮影していきました。1966年の香港の歌と踊りの映画が最も人気のあった映画でした。

売れ筋の映画には「彩色青春」、「姑娘十八一朵花」、「少女心」などがあり、映画女優たちがたくさん出演しました。西洋風の服でリラックスした活気のあるイメージは歓迎されて、1960年代後半にはコニー・チャン(陳寶珠)やジョセフィン・シャオ(蕭芳芳)のような民間スターも誕生しました。

これらの映画スターたちは、洋服の宣伝に大きな役割を果たしました。

若い女性はコニー・チャンやジョセフィン・シャオなどのスターをアイドルとして崇拝しました。たくさんの女子が短いストレートウェストのスカートをはいて、旗袍の着用数はかなり減りました。

同時に、旗袍の全体的なスタイルも変化しました。

西洋女子の服装スタイルに影響され、ストレートウェストのシンプルな旗袍に人気が出ました。装飾的なディテールがほとんどないシンプルな旗袍は、活気に満ちた素敵な若い女性の若々しい美しさをよく示しました。

1960年代香港のPercival Streetで写されたショウ・ブラザーズのスターたち

ここでは、1960年代香港のPercival Streetで写されたショウ・ブラザーズのスターたちの写真を並べて、1960年代の香港ファッションを見てみましょう。写真の転載元には中国語で当時の情勢や着用された旗袍の解説がついているので、あわせて翻訳しておきます。

写真解説

  1. [1967]パーシバル・ストリートは香港の銅鑼湾のメインストリートで、北はグロスターロード、南はレイトンロードに接続。中央で多くの重要な道路と交差しています。パーシバル・ストリートの路名は、1809年から1812年までのイギリスのパーシバル首相にちなんで名づけられました。 1980年代に路面電車の停車場が移転する前に、工場に戻った路面電車もパーシバル・ストリートを通過し、ラッセル・ストリートに移動しました。現在、タイムズスクエアに路面電車の停車場が建設されています。
  2. 【WeiXiuxian】「華強ソプラノ」として知られるWeiXiuxian(韦秀娴)は、1932年に広東人として上海で生まれ、1949年に香港に渡りました。彼女は《小鸟唱出了黎明》、《百灵鸟》(哈萨克民歌)、《我的花儿》(新疆民歌)、《爱花先要把花栽》、《七个响铃》、《问君何日能再来》を録音しました。また、 「一水隔天涯」のオリジナルボーカルです。水色の旗袍は硬めの生地で、接袖の半袖。
  3. 【1960年代】1960年代は香港経済のターニングポイント。一人あたりGDPはまだ低いですが、市民の生活水準は着実に上昇していました。といっても給与はまだまだ低かったです。登録工場の数は、1950年代の3,000から1960年代には10,000に増加。さまざまな産業での労働需要が大きいため、香港の製造業は発展を続けていました。水色の旗袍は細いパイピングで、スリットは深めです。2枚目の同系色の旗袍よりも薄地のためか、やや派手な印象。
  4. [1960]「慈海」の旗袍についてメモがあります:「旗袍は、もともと清王朝の満州の女性が着ていた一種の服で、両側にスリットがなく、袖は8インチから1フィートの長さ。衣服の縁にはカラフルな緑が刺繍されています。パイピングは左女性のスリットに確認できますが、他はスリットなしかと…。1911年の辛亥革命後は漢族女性にも受け入れられ、いろいろ改良されました。直领(真っ直ぐな領、立領か)、右に傾斜した正面の開口部(大襟)、タイトなウェスト、膝までの長さ、両側のスリット、狭い袖口。」両側のスリットがないと書いてあるので、前後にあったかも。また、チャイナボタンで締めるために、普段はスリットを閉じていたとも読めます。
  5. [1960]伝統的な旗袍は、上下に直線があり、高い立領がついています。 1930年代初頭、旗袍の腰は時間とともにタイトになり、1934年以降、女性像の曲線が明らかになりました。そびえ立つ立領はだんだん短くなり、後に領のない旗袍になりました。
  6. [1967]旗袍の袖のスタイルには、主に広袖、狭袖、長袖、中袖、半袖、ノースリーブがあります。袖のパターンはトレンドによってよく変わり、手首よりも長い長袖が人気のときもあれば、半袖が人気のときもあり、肘がむき出しになっているときもありました。いずれも、女性の熱心な美しさの追求を反映していました。
  7. [1962・BOACスチュワーデス] 1924年3月31日に設立されたブリティッシュ・エアウェイズ(British Airways)は、75か国150目的地を超えるグローバルなフライト・ネットワークを持っていました。世界最大の国際航空会社の1つで、毎年約3,600万人の乗客を運びました。ブリティッシュ・エアウェイズの前身であるインペリアル・エアウェイズの中国でのビジネスの歴史は、1936年に香港への初飛行が始まったことにまでさかのぼることができます。スチュワーデスの旗袍はおそらく白地。パイピングも白色。スリーブは接袖と思われ、ダーツが入っていてバスト、ウェスト、ヒップがかなりボディコンシャスになっています。
  8. ブリティッシュ・エアウェイズの各フライトのサービスチームには、家族の乗客の世話を特別に担当するアテンダントがおり、キャビン内の乳幼児施設の場所について問い合わせたり、その他の支援を求めたりすることができました。飛行中、ブリティッシュ・エアウェイズは若い乗客を楽しませるために特別にウェルカムギフトとおいしい料理を用意しました。この人力車に乗っている女性の服は旗袍じゃありません。老眼と近眼で旗袍に見えて掲載したので、おまけです。

全体像とコロケーション

1960年代香港の旗袍のイメージですが、初期は成熟してセクシーで、後期は活気があり若々しいものでした。

ヘアスタイルとメイク

1950年代に高く吹かれた短い巻き毛はもはや人気がありませんでした。そのかわり、長い髪は肩より下にまで伸びました。

ただし、人気のヘアスタイルは美容院で整える必要があり、トップヘアは高く吹き飛ばし、特定のスタイルにする必要があります。

髪の項部分は今日のショールヘアとは違うものの、修正する必要がありました。より一般的な方法は、遊び心のあるヒントをつけて、外側に回転させたことです。全体的なスタイルは1950年代ほど成熟しておらず、工夫されていませんでした。

また、幅広のヘアバンドが人気になり、上からの打撃が大きいロングヘアと幅広のヘアバンドがマッチしました。ヘアバンドの質感や色は一般的に服に合わせました。

メイクは1950年代の洋風を引きつぎました。眉毛はまだ太くて幅が広く、その位置は高く、アイライナーは目の端でわずかに浮き上がって、唇はふっくらとバラ色でした。

しかし、メイクは比較的薄めになり、太い眉や大きな目のイメージが弱まって、遊び心のある活気のある時代を背景に、人気のある若々しいスタイルと相まっていきました。

付属品

付属品の選択に関しては、軽々しいものが流行りました。とくに1966年以降、若い女性はシンプルでトレンディなジュエリーを好みましたが、素材にはあまり注意を払いませんでした。

かなり大きな素材で作られたイヤリングやネックレスもかなり活気があり、カラフルで、赤・青・黄色、プラスチック素材ならではの光沢効果もありました。

これらの安価なアクセサリーは安くて粗いものでしたが、ファッショナブルで時代の気分を表わしていたので、かなり歓迎されたものでした。

花様年華

次の写真は1960年代の香港を舞台とした映画「花様年華」の一場面。数十着もの旗袍が出てくる映画として有名です。

ウォン・カーウァイ『花様年華』©2000 by Block 2 Pictures Inc.

1930年代・1940年代の上海でもそうだったかも知れませんが、香港では立領が高く、緊縛的といえるほどスリムでボディコンシャスな旗袍がはやりました。

袖は接袖(セットイン・スリーブ)が主流です。丈は膝頭が隠れる程度で、座ると膝頭がちょこんと見えます。スリットは今ほど深いものではなく、太腿の中ほどまで切り込まれています。

といっても、民国旗袍よりも丈が短くなっているので、スリットはかなり深いように感じてしまいます。

スリットは今ほど深いものではなく、太腿の中ほどまで切り込まれています。©2000 by Block 2 Pictures Inc.

この映画に出演した女優、レベッカ・パン(潘迪華)は「当時のチャイナ・ドレスというものは10cmくらいの高い領がほとんどだった」と述べています。

主演女優のマギー・チャン(張曼玉)は映画の撮影を振り返って、次のようにインタヴューに答えました。

チャイナ・ドレスは女性を美しく見せる服。女性特有の美しいライン、その美しいラインをくっきり見せることができる。領の高い部分とか。最初は慣れなかった。ドレスはきついし、ハイ・ヒールも辛い。髪のセットや化粧も長かった。

出典 王家衛『花様年華』 2000 by Block 2 Pictures Inc.

チャイナ・ドレスは女性を美しく見せる服。

チャイナ・ドレスは女性を美しく見せる服。王家衛『花様年華』 ©2000 by Block 2 Pictures Inc.

1950年代香港スタイルの旗袍にはさらに細かい特徴があったことも分かってきました。

ウォン・カーウァイ『花様年華』(王家衛『花樣年華』/Wong Kar-wai, in the mood for love ©2000 by Block2Pictures Inc.

次の記事では「花様年華」でマギー・チャンが着た旗袍を紹介しています。

香港の著名な旗袍デザイナー楊成貴氏によると、個人の体型(とくに腹部と胸部)に合わせてダーツに曲線を与えます。

また、型の形によって傾斜度とカーブを調整します。

そして袖山を低くし、腕の運動量を増やします。腕の運動量が増えると動作によって身頃の引き攣りが減ります。

この点の詳細はatelier leileiの「ウールの小紋:50年代香港スタイル」をご参照ください。1950年代の香港旗袍と現代の改良旗袍の違いを簡単に説明しています。

ウォン・カーウァイ『花様年華』でマギー・チャンが意外に活発に動き回っていたのは、こういう細かい技巧が施されていたからかもしれません。

旗袍と西洋ファッション

1960年代は変化の時代で、変化と革新は西洋社会のあらゆる側面に反映されていました。

世界は前例のない「若い嵐」を引き起こしました。

とくに1960年代半ばから後半にかけて、ファッションを追う若者たちは1950年代の目立つ身体イメージを完全に捨て、背が高く、薄く、平らで細い姿を切望するようになりました。

婦人服の観点から、「超ミニ」は1960年代の代表的な言葉でした。ロンドンの若いデザイナー、マリー・クワントは、反抗的な精神をもつ10代のために、膝上までの長さのミニスカートを発売しました。

この斬新で明るいスタイルは若者からすぐに歓迎され、ミニスカートの長さは繰り返し高くなり、1960年代に最も人気のある服のスタイルの1つになりました。

また、エスニックスタイルも人気のスタイルでした。欧米人はエスニックスタイル、フレッシュでエキゾチックな服やアクセサリーを試してみるのが好きだったと思います。

洋服のトレンドにおけるエスニックスタイルと超ミニのスタイルは、「スージー・ウォン」スタイルの旗袍に人気が出たことをうまく説明します。西洋人の目には、まったくエキゾチックで新鮮さと魅力に満ちた別の種類の服だったからです。

さらに、「スージー・ウォン」旗袍は、長さの点で超ミニです。

または、「スージー・ウォン」旗袍は、中国旗袍の超ミニスタイルであると同時に、オリエンタルなミニスカートでもありました。

ミニ旗袍への抵抗

旗袍には反対派たちもいました。

1960年代初頭、香港社会の保守的メンバーたち、女性協会の指導者、宣教師組織などが、保守的な服装を促進するキャンペーンを開始しました。女性は深いスリットのあるタイトな旗袍を廃止する勧告をしました。

報道によると、ナイトクラブで働く一部の女性は、状況に合わせてスリットの高さを調整できるように、スリットにジッパーを縫いつけることで妥協しました。

ミニ旗袍の21世紀的な意義

1960年代に西洋からの影響でミニ旗袍が一定の人気をえました。その後も、ミニ旗袍は香港の旗袍の歴史で一つのジャンルを作っていったとしたら…。

ミニ旗袍を一つの特徴にするコスプレ衣装としての旗袍と関わりがあるとは考えられないでしょうか…。そうしたら、1960年代ミニ旗袍は現代のコスプレ旗袍の原点になったといえます。

1970-1977:伝統への回帰と漸進的な衰退

香港の旗袍は1960年代後半に衰退しはじめました。1970年代、旗袍はスタイルや風格の面で中国風に回帰しましたが、それは婦人服の部門においてでした。

旗袍はレセプションや宴会などの特別な機会によく見られました。スターたちは商業公演や公の場で旗袍を着るようになりました。だんだん、旗袍は撤退していきました。

基本形

1970年代に旗袍は伝統に戻りました。たとえば、丈はかなり長く、足元に引きずり込まれ、側面スリットは以前と同じくらい高くなりました。

全体のシルエットは1950年代や1960年代ほどタイトではありませんでした。

旗袍の腰部のタイトさと臀部のゆとりは適度で、袖は緩くなりました。立領(スタンドカラー)の高さは低く、首元のフィット感も弱まりました。それでも、パイピングやチャイナボタンなど、伝統的な旗袍のいくつかの典型的な技巧が多く使用われました。

特別な機会に着用される旗袍は、常にドラマチックな舞台パフォーマンスの装飾的な感覚を人々に与えました。

多層パイピングは、使用色やパターンのコントラストが強い生地を使い、清末民初期の傾向に戻ったかのようでした。より興味深いディテールでは、立領には細いパイピング、大襟と側面スリットには太目のパイピングを施しました。

香港の映画スター李麗華が1957年に出演した映画映画「游龍戲鳳」の一場面。レイクブルーの旗袍を着て、立領・大襟・袖口に幅広の異色のパイピングが施されています。大襟と身頃胸部の紋様なかなり伝統的。1950年代の旗袍だが、1970年代に流行った清末民初期の回顧を示した服装といえる。

これらのディテールは、実際には民国期の海派旗袍では使われていませんでしたが、1970年代には香港旗袍の多くがこのディテールを採用したのです。

この現象から、1970年代グローバル化の郷愁の蔓延を確認できます。

全体像とコロケーション

髪型とメイク

1970年代に旗袍を着るときは、長くて自然な髪が人気でした。髪のスタイルにも同じことが当てはまりました。多層構造で、側面が自然に巻き上げられ、おそろいのメイクがより自然になります。

メイク方法では、目、眉、唇は自然な形になりました。アイライナーも自然でしたが、人気のアイシャドウの色は赤、青、紫など。光沢効果があり、口紅もかなり濃い赤でした。明るい顔のメイクと伝統的な装飾志向が1970年代に調和していました。

アクセサリー

旗袍の伝統的な中国味と一致しています。旗袍を着ているとき、ブレスレットやイヤリングなどの伝統的な中国のアクセサリーがよく使われました。

この材料はおもに翡翠か金でした。銀かオリエンタル風のいろんなエレガントな宝石も身につけていました。

この種のジュエリーの人気トレンドは、1970年代に旗袍自体の伝統的なスタイルが復活したことによります。

他方、いわゆる「ナショナル・スタイル」「コスチュームは西洋の世界で人気があり、賞賛されていました。当時のグローバル化のジレンマは、国別化(ナショナル・スタイル)が進むほど、ファッショナブルになり、時代を追うようになったことです。

旗袍と西洋ファッション

満たされた回顧的な1970年代、社会経済状況と民衆の社会情緒は均衡しておらず、西洋ファッションの舞台は混乱していました。

そんななか、最も敏感なグループが活動し、服飾の個性化を追求し、ドレスを使ってて独自の個性を表現しようとしました。そして、商業的なファッションを拒否しました。

婦人服の全体像は、パーソナライズされた折衷的な反伝統的なスタイルでした。

人気のある服には、スーパー・スタイル、エスニック・スタイルなどがありました。

服の全体的な印象はルーズで一貫性がありませんでした。スタイルはルーズで太いのが特徴で、通常は直線にカットされ、服のフィット感を強調していません。

欧米女性は、メイクにゴージャスな色を使わないのが一般的で、「ナチュラル・ビューティー」がこの時期のスローガンでした。

アイシャドウはブラウンやパープル・ブルーなどの一般的な色を使い、ほっそりした眉を強調しました。

髪型は、明るく健康的な多重乾燥に注意を払っています。欧米のノスタルジックなスタイルのトレンドを受けて、1970年代にはいわゆる「ノスタルジック・ファッション」が香港の人々の間で人気を博しまました。

また、初期の海派旗袍が再びとりあげられました。人気の旗袍は丈が長く、細部の点でパイピングや細かい模様などを使う傾向がありました。

しかし、ドレスの総数からみて、1970年代の旗袍はもはや香港女性の主流ではありませんでした。ゆったりとした洋服スタイルの影響から、タイトフィットの旗袍は、あまり見られなくなりました。見た目や着心地に関係なく、旗袍は不人気のままでした。

1970年代香港の都会女性の生活状況から考えると、旗袍は日常着として不適切になっていました。

そのため、この時期に香港女性が旗袍を着たとしても、日常生活に合わせて腰に適度なゆとりをもたせたルーズなスタイルを選ぶのが一般的でした。

旗袍が幅広い形になった傾向は、西洋のファッション界での「超大型」スタイルと一致していたと思います。

中国返還後の香港の旗袍

1997年に香港が中国に返還されたとき、中国、香港、イギリスの三地はたちまち国際的な関心をよびました。

誤解が上書きされる東洋ファッション

立領も大襟もチャイナボタンもなくて旗袍とはいえませんが、よく言われる当時の象徴的なできごとは国際スターのニコール・キッドマンが1997年にクリスチャン・ディオールの旗袍を着たことです。
nicole kidman 1997 academy
検索

検索ボタンを押して検索してみてください。

この「旗袍」は背中開きのタイトなドレスでした。金色の刺繍がほどこされたロングドレスで、全体的に中国風の雰囲気をもたせた組み合わせは、1997年のアカデミー賞の式典で注目の的となりました。

さて、1997年の香港ブームに乗じて、クリスチャン・ディオールのチーフデザイナーだったジョン・ガリアーノが1997年秋冬シリーズに公開したのが、1930年代上海のコロニアルな風景でした。

ぱおつ
ぱおつ

といっても、これがコロニアルなのか、レトロ上海なのか、かなり疑わしいです。

1997 galliano dior autumn winter
検索

このコレクション(ファッションショー)での作品シリーズ名は「GEISHA」…。東洋てんこ盛りの印象をぬぐえません。

とにかく、ガリアーノは香港にたいする関心を「上海の風情」に変え、世界各国が中国大陸の将来的な展望をみていたことに関係がありました。

中国の国際的地位の向上

1997年以降に中国の経済貿易はかなり発展し、かつてない上海の繁栄をもたらしました。このため、上海は中国の対外交通の中枢となり、経済貿易の重要地になりました。

2008年の北京オリンピックと2010年の上海世界博覧会は世界水準の大国の勢いを見せつけました。

中国の世界的地位の向上と経済力の成長にともなって、国内のファッション消費力が大幅に向上し、国際ファッションブランドの進出を誘致してきました。

国際的なブランドの多くはシルク・サテンを大量に使い、消費者のニーズに合うようにしています。同時に、ファッション的な中国風の傾向を追求してきました。

20世紀香港の旗袍アルバム:日常着と外出着の併用

香港旗袍の歴史をたどるときのポイントは、

  • 清末民初期の太いパイピング旗袍
  • スージー・ウォンのミニ旗袍
  • 「花様年華」のタイトな旗袍

この3点が1950年代から1970年代まで、趨勢が変わることです。次のアルバムで香港の3つの旗袍を味わってください。

 

歴史(テーマ別)
スポンサーリンク
この記事の著者
ぱおつ

旗袍好きの夫婦で運営しています。ぱおつは夫婦の融合キャラ。
夫はファッション歴史家、妻はファッションデザイナー。
2018年問題で夫の仕事が激減し、空きまくった時間を旗袍ラブと旗袍愛好者ラブに注いでいます。調査と執筆を夫、序言と旗袍提供を妻が担当。

旗袍的新故事をフォロー
このページをシェア
旗袍的新故事をフォロー
旗袍的新故事

コメント

タイトルとURLをコピーしました