この冬ELLEがお届けするお出かけアイテム

旗袍のスリット(开衩・開衩)

旗袍用語集
スポンサーリンク

旗袍の構成要素のうち、スリットを説明しています。中国語表記は、簡体字で「开衩」、繁体字で「開衩」。英語は「slit」。

旗袍の脚のスリットはチラリズムの典型でしたが、ミニのチープなコスプレ衣装が出回った今となっては過去の話。

旗袍を構成する基本要素

旗袍の形が清朝期からどれほど変化しても、変わらなかった点があります。これを普遍的な要素といいます。

旗袍の構成要素は次の4点。チャイナドレスで大事な点と考えてください。

  1. 立領
  2. 大襟
  3. スリット
  4. チャイナボタン

ただし、最近では、4つ目のチャイナボタンは、横ファスナーに代替されることが増えています。また、大襟は装飾にして、着脱を後ろファスナーにしたものが増えています。

旗袍のスリット(开衩・開衩)

スリットとは横開きのことです。旗袍では身頃の左右にスリットを入れます。

スリット。Atelier Leilei提供。

スリットにもよくパイピングを施します。

上の写真では、ピンク色のパイピングと、その内側にレースを使った2本目のパイピングがあります。

このように、スリットの深浅を調整しない、固定的な旗袍もありますが、次の写真のように深浅を調整するタイプもあります。

チャイナボタンで深浅を調整できるスリット。Atelier Leilei提供。

スリットの開閉をするアイテム、つまり横開きの幅を調節するのは、チャイナボタンの役目。

上の写真では、一番下のチャイナボタンから下は固定的にスリットが開きますが、上のボタンまでどんどん外すと、スリットもどんどん上へと深くなっています。

旗袍の袖スリット

旗袍によっては、袖にスリットを入れたものもあります。腕を動かしやすくなります。

立領の縫目から白のチャイナ・ボタンまでが肩縫線。線が見えるうえ、生地柄が切れていることからも確認できます。上海の貴婦人たちが着た旗袍の珍蔵コレクション(楊雪蘭)。A rare Appreciation of the Qipao worn by the Grande Dames of Shanghai, Ms Shirley Young(楊雪蘭), via 『上海名媛旗袍宝鉴』, 38頁。

旗袍用語集
スポンサーリンク
この記事の著者
ぱおつ

旗袍好きの夫婦で運営しています。ぱおつは夫婦の融合キャラ。
夫はファッション歴史家、妻はファッションデザイナー。
2018年問題で夫の仕事が激減し、空きまくった時間を旗袍ラブと旗袍愛好者ラブに注いでいます。調査と執筆を夫、序言と旗袍提供を妻が担当。

旗袍的新故事をフォロー
このページをシェア
旗袍的新故事をフォロー
旗袍的新故事

コメント

  1. スリットの矢印が上手くいくと、なんか嬉しい!

タイトルとURLをコピーしました