この冬ELLEがお届けするお出かけアイテム

特別展『旗麗時代』から旗袍の部位・名称クイズ

旗袍コラム
スポンサーリンク

特別展『旗麗時代』

2013年に台湾博物館で開催された旗袍の特別展『旗麗時代』にタイアップされたカタログを紹介しました。

この特別展では、さらに学校単位での見学を推薦して、子供たちに旗袍を広く知ってもらおうとパンフレットを用意していました。

台湾の教育力!

中華圏の高い教育力を感じるパンフレットです。

ぱおつ
ぱおつ

台湾だけじゃなく中国でも香港でもそうですが、巻き込むのが上手いですね。

国立台湾博物館教育推廣組(教育プログラム)・輔仁大学博物学研究所101級研究生、共同製作。

旗袍の部位・名称クイズ

それでは、このパンフレットから「旗袍小秘密」のクイズを解いてみましょう。

旗袍の構成要素4点に即したクイズです。

国立台湾博物館教育推廣組(教育プログラム)・輔仁大学博物学研究所101級研究生、共同製作。

ぱおつ
ぱおつ

左上から1問目。旗袍上のボタンは何といいますか。衣服を留める機能をはぶいて、ふつうのボタンと何が違いますか。

しゃんつ
しゃんつ

まず、そのボタンはチャイナボタンといいます。ついで、服を留める以外の機能…。ボタン穴がない!

ぱおつ
ぱおつ

そうです。ボタン穴がなく、ボタン同士で留めるイメージです。片方に丸玉状のボタンがあって、片方にループ状のボタンがあります。

ぱおつ
ぱおつ

左下、第2問。ほとんどの旗袍は両側にスリットがありますね。スリットがないと、きていて何に困ると思いますか。

しゃんつ
しゃんつ

歩くにくいです。

ぱおつ
ぱおつ

右上、第3問。領の特色は何ですか。

しゃんつ
しゃんつ

立領です。折らずに立てています。

ぱおつ
ぱおつ

右中、第4問。旗袍の「開襟」形式を何といいますか。

しゃんつ
しゃんつ

大襟です。

ぱおつ
ぱおつ

今回、私も勉強になりました。大襟と重なる右部分は小襟というんですね。

中国ではダーツのことを「省」や「省道」やといいますが、台湾では「褶」。腋褶(脇ダーツ)、胸褶(胸ダーツ)、前腰褶(前腰ダーツ)、後腰褶(後腰ダーツ)など。

下襬(かひ)は裾口。

旗袍の部位や名称をさらに知るには、次の記事リストをご参照ください!

旗袍コラム
スポンサーリンク
この記事の著者
ぱおつ

旗袍好きの夫婦で運営しています。ぱおつは夫婦の融合キャラ。
夫はファッション歴史家、妻はファッションデザイナー。
2018年問題で夫の仕事が激減し、空きまくった時間を旗袍ラブと旗袍愛好者ラブに注いでいます。調査と執筆を夫、序言と旗袍提供を妻が担当。

旗袍的新故事をフォロー
このページをシェア
旗袍的新故事をフォロー
旗袍的新故事

コメント

  1. こんにちは。大襟とチャイナボタンはファスナーやスナップボタンに代替されることが多く、一応4点をはっきりすると旗袍が分かりやすいです。最近わかったのは、早いものだとファスナーで1940年代、スナップボタンで1930年代くらいに初登場だそうです。

  2. いつも拝見しております。
    のでさすがに全問正解でした☺️この4点のおかげで旗袍の定義ははっきりしてきました。

タイトルとURLをコピーしました