この冬ELLEがお届けするお出かけアイテム

世界旗袍招待展:中国国立シルク博物館

旗袍コラム
スポンサーリンク

1930年代、旗袍は上海で新しい生活リースを人々に与えました。西洋裁縫技術の影響をうけ、ドレスがより魅力的になったからです。

この変化は中国女性にとってファッションを獲得した瞬間でした。直後、近代的な洋裁と伝統的な中裁の要素が融合し、旗袍はまったく新しい外観をえました。

その後、旗袍の人気は急上昇し、上海の主要ファッション小売業者の1つだった鴻翔(Hongxiang)は、映画スターを旗袍のファッションショーに参加させて称賛をえました。映画スターからの強い反応に勇気づけられて、鴻翔は1933年のシカゴ世界博覧会に6点の旗袍をデザインして出品しました。

このような背景があって、今もなお、ハリウッドやアジアの有名人は旗袍が大好きです。とくに旗袍が要求するタイトな体型に、自分を試したい欲求が高まるようです。

ゴールデングローブ賞を5回受賞したニコール・キッドマン、グレース・ケリー、エリザベス・テイラー、アン・ハサウェイなど、多くのハリウッドの有名人が旗袍に魅了されてきました。

他にも、西洋の有名人はチャイナドレスに興味を持っています。たとえば、ケイティ・ペリー、エリザベス・ローム、デニス・ヴァン・オーテン、エマ・ワトソン、ケイト・モス、パリス・ヒルトンたちです。もちろん、ファン・ピンピン(范冰冰)、チェン・ハオ(陳好)、リウ・イーフェイ(劉亦菲)、スーチーら、アジアの有名人たちも旗袍を好んでいます。

チャイナドレスが世界中でますます受け入れられるようになり、主に海外に住む中国人華僑や華人のおかげで、杭州の中​​国国立シルク博物館(中国丝绸博物馆)は、今年で3年目となる恒例の世界旗袍招待展(Global Qipao Invitational Exhibition)を開催することに決めました。2020年の様子は、たとえばこちら

今年の展示会では、現地人デザイナーや外国人デザイナーが40種の旗袍を別々にデザインし、展示します。ショーにはいくつかのハイライトがありますが、最も注目を集める旗袍は、中国生まれのデザイナー、王汁(Uma Wang)がデザインしたものです。この作品は、フライングスリーブをもち、スペインのアーティスト、キマ・ギタール(Kima Guitart)がシルクで織った赤い旗袍です。展示会は2021年10月30日に終了します。

中国国立シルク博物館館長の趙鳳は、次のように述べています。「結局、文化的に健全な雰囲気のなかでお互いを理解することがすべてです」。

出典:https://jingdaily.com/qipao-history-global-popularity-hollywood/

旗袍コラム
スポンサーリンク
この記事の著者
ぱおつ

旗袍好きの夫婦で運営しています。ぱおつは夫婦の融合キャラ。
夫はファッション歴史家、妻はファッションデザイナー。
2018年問題で夫の仕事が激減し、空きまくった時間を旗袍ラブと旗袍愛好者ラブに注いでいます。調査と執筆を夫、序言と旗袍提供を妻が担当。

旗袍的新故事をフォロー
このページをシェア
旗袍的新故事をフォロー
旗袍的新故事

コメント

タイトルとURLをコピーしました