この冬ELLEがお届けするお出かけアイテム

instagram

スポンサーリンク

Gallery Photos

秋冬ブラウンチェックの裏地つき連袖旗袍
今回は自分用に秋冬用ブラウンのチェック柄で連袖旗袍をつくりました。秋冬用裏地付き旗袍です。中国伝統的な平裁法で製作。夫がつけた作品名は「秋冬ブラウンチェックの連袖旗袍」。生地はイタリア製のウール麻混。飾りボタンはドイツ製。
平裁ちでつくった赤色花柄のチャイナブラウス
連袖タイプのチャイナ服をご紹介。平裁ちでつくった赤色花柄のチャイナブラウスです。平裁ちとは型紙を使わずに直接布に線をひいて裁断する方法で直裁ちとも。中国の伝統的な裁断方法。まつり縫いの細かい作業によるチャイナボタンづくりもご紹介。
普段着をめざすハンドメイドのアールデコ調旗袍と民国風長衫
アールデコ調のハンドメイド旗袍と民国風の長衫を着て撮影会。帰りにカフェで注文したモーニングもまじえ、チャイナドレスとチョンサムの画像を18枚ご紹介しています。クリームソーダがある喫茶店は近所で珍しく、撮影ともども楽しい一時でした。
ブルードットのチャイナ・ブラウス(atelier leilei)
ウエストを絞ってボディラインにフィットさせたシルエットです。襟のデザインは一字襟と八字襟の混ざったもの中国語で「双円襟」。袖つけは平肩接袖(セットイン・スリーブ)。パイピングは濃紺。ブラウスですが旗袍の構成要素を押さえています。
訪問着の反物から着物リメイクした接袖旗袍
訪問着の反物(着物地)から作ったチャイナドレスです。フォーマルにはもちろん、普段着にも使えるエレガントで上品なデザインです。右脇のファスナーで旗袍を着脱します。首元と胸元はチャイナボタンで留めます。袖つけは平肩連袖。シルクの総裏地つきです。
普段着に使える着物リメイクの連袖旗袍
着物地で作ったオールドスタイルのチャイナドレスです。着物リメイクのチャイナドレスは袖に接袖(セットイン・スリーブ)を施すものが多く、平肩連袖で作るのは今までなかったのではないでしょうか。オールドスタイルのチャイナドレスの出来上がりです。
旗袍を着たぱおつ(レイレイ)と長衫のしゃんつで撮影会
レイレイが2週間ほどかけて作ってくれた長衫。旗袍を着たぱおつ(レイレイ)と長衫のしゃんつで撮影会です。長衫とは、とりあえず男性版旗袍です。日本語ひらがな読みで「ちょうさん」、中国語簡体字で「长衫」(chángshān)、英語で「Cheongsam」。
エレガントで質素な旗袍女子学生が選ぶインダンスレン色布
ポスターの下側に赤文字で「エレガントで質素な女子学生が選ぶインダンスレン色布」とあります。学生服の旗袍でもインダンスレン布は愛用されたのでしょう。ポスター下にインダンスレン布の紹介があり、藍色、桃色、ベージュ色の3種を用意していました。
インダンスレン布を使った旗袍の広告ポスター
インダンスレン布の広告ポスターには藍色の旗袍が多いのですが、今回のイラストは水色。パイピングがおしゃれで、茶色2本でオレンジ色を挟む镶滚の仕様。ダーツなしのスリムな旗袍。形は平肩連袖の半袖。立領は高め、スリットは膝頭あたりまででしょうか。
インダンスレン布を使った旗袍の広告ポスター
作者不詳のインダンスレン布を使った旗袍の広告ポスター。例に漏れず晴雨商標。永遠に色あせないというフレーズが左右に1つずつ。二人とも旗袍を着ています。どちらもスリムな旗袍。丈がかなり長くて、お掃除旗袍です。平肩連袖で、半袖です。

Gallery Continue >

Other Photos

東アジア民族衣装の展開:袖と衣裳からみた古代中華圏の影響
中国モードから東アジア民族衣装への影響ではワンピースかツーピースかの違いが大きいです。袖と衣裳(ワンピースかツーピース)から古代中華圏の影響を説明。古代中国における袖付けと上下の衣と裳(衣裳)から、東アジア民族衣装の展開をたどります。
21世紀20年まで:旗袍がファッションからコスチュームへ
21世紀20年までをとりあげ旗袍がファッションからコスチュームへ変わった経緯をたどります。制服旗袍が減退した中国では今でも旗袍のファッションリーダーが登場したりハンドメイド作家が登場したりと賑やかです。チャイナドレス愛好家たちの撮影会もたくさん。
アオザイ:ベトナム民族衣装の特徴と歴史
旗袍と洋服からつよい影響を受けた民族衣装アオザイをご紹介。アオザイはベトナムや中国京族居住地域で着用されてきた丈の長い上衣の一つ。中国語では越式旗袍。深いスリットとラグラン・スリーブが特徴で、下衣のズボンを併用しセットで「クアン・アオ」。
キモノ・スリーブに西洋人がみたもの
よく勘違いされますが、キモノ・スリーブは着物の袖(着物袖)とは違います。キモノ・スリーブはややこしいファッション用語の一つ。キモノ・スリーブの日本での誤用例を紹介し、キモノ・スリーブ、チャイニーズ・スリーブ、フレンチ・スリーブを整理します。
民国旗袍の女性美基準をきめたストッキング
世界ファッション歴史でストッキングは無視できないアイテムです。ストッキングは民国旗袍の女性美基準をきめた重要な役割をはたしました。ストッキングの歴史にふれながら、中国へのストッキングの導入と定着、そして旗袍との相性や関係を述べています。
旗袍(チャイナドレス)博物館の旗袍的新故事が開設3ヶ月
旗袍(チャイナドレス)を愛でて讃えて、紹介しまくるサイト「旗袍的新故事」が今日で開設3ヶ月を迎えました。このページでは、サイトの設立経緯、SNSで知り合った方々、我喜好旗袍のあい子さんのことなどを書いています。
特別展『旗麗時代』から旗袍の部位・名称クイズ
2013年に台湾博物館で開催された旗袍の特別展『旗麗時代』では学校単位での見学を推薦して、子供たちに旗袍を広く知ってもらおうとパンフレットを用意していました。このパンフレットから「旗袍小秘密」のクイズを解いてみましょう。旗袍の部位・名称から4問。
羅麥瑞編『旗麗時代』:2頁に1点は旗袍を全面紹介
『旗麗時代:伊人、衣事、新風尚』は旗袍(チャイナドレス)展覧会にタイアップ刊行したカタログです。20世紀初頭からの1世紀のあいだに作られた旗袍をもりだくさん収録。かつて華人女性の一番のお気に入りだった旗袍。2頁に1点は全面紹介する贅沢さ。
知識人女性が旗袍をとおして斬新に
封建社会はどこでも、女性の地位が低く、20世紀になってから、ヨーロッパの影響によって、中国でも日本でも女性解放運動が進みました。民国期に新女性や知識人女性が旗袍の広告ポスターをとおしてファッショナブルに描かれたことをふりかえります。
1930年代のはずのビンテージ旗袍(复古旗袍)
先日に着物ラブの方からビンテージ旗袍を見せてもらいました。それでレイレイは昔に思いきって買った1930年代のビンテージ旗袍を思い出し、クローゼットから茶色の旗袍を持ってきました。想定しやすい会話ですが、以下のとおりです。

スポンサーリンク
この記事の著者
ぱおつ

旗袍好きの夫婦で運営しています。ぱおつは夫婦の融合キャラ。
夫はファッション歴史家、妻はファッションデザイナー。
2018年問題で夫の仕事が激減し、空きまくった時間を旗袍ラブと旗袍愛好者ラブに注いでいます。調査と執筆を夫、序言と旗袍提供を妻が担当。

旗袍的新故事をフォロー
このページをシェア
旗袍的新故事をフォロー
旗袍的新故事
タイトルとURLをコピーしました