この冬ELLEがお届けするお出かけアイテム

徐華龍『民国服装史』:旗袍と洋服の融合に言及した社会史

書籍・図鑑
スポンサーリンク

この本は、おもに1911年から1949年までの中華民国における服装の変化を紹介しています。

山東省や少数民族地域の衣服の変化、当時の人々の生活、経済、社会との関係を含んでいます。旗袍と洋服の融合に注目した社会史の本です。

徐華龍『民国服装史』の概要

本書は中国服装史かつ社会史ですから、衣服史と違って、どちらかというと、着装とその時代的な意味を問う内容になっています。

1911年、辛亥革命の勝利は、封建帝国の崩壊と中華民国政府の樹立に結実しました。それに対応して、服装も根本的な変化を遂げました。中国の中山装と旗袍が確立し、現代につながる中国人の男性と女性の服装が誕生しました。

しかし、中華民国の衣料品の進歩は順調ではなく、さまざまな批判や阻害にあいました。その後、1930年代から1940年代にかけて、現代社会の衣料文化とともに成功裏に変化しました。

目次

はじめに:辛亥革命により中国服装的新時代が到来

第1章:新旧交代の衣料文化(1911〜1920)

  • 祭りの伝統と変化
  • 外国の布と国産の布
  • アドボカシーと批判
  • 基礎と開発
  • 社会的な悪性腫瘍

第2章:徐々に特徴が現れる衣服文化(1921〜1930)

  • フェスティバル
  • 模倣
  • 改善
  • 開発

第3章:豊かで人目を引く衣料文化(1931〜1940)

  • 議論
  • ファッション
  • コロケーション
  • 違い
  • 本文
  • 影響
  • 現代性の追及

第4章:成熟しがちな現代の衣料文化(1941〜1949)

  • 祭りの伝統と現代性
  • 革の衣類とウールの毛糸
  • 服装と言語
  • 胡朴安笔のさまざまな場所での衣服写真

第5章:伝統と平易さからファッションへの移行期-1920年代と1930年代の上海の衣料文化

  • フェスティバルファッション・ショーケース
  • ファッショナブルな服との闘い
  • 理由は何か

第6章:山東服文化

  • 祭り伝統文化の継続
  • 時代の特徴
  • コスチュームとフォークロアチャーム
  • 民国時期の山東省で衣服が形成された理由

第7章:フロンティア民族衣装

  • 文化のシンボルであるお祭り
  • 基本ステータス
  • 社会と自然との関係
  • 生産と取引

参考文献

インデックス

追記

詳しい紹介

これまで、中華民国時代の服装文化に関する研究はあまり多くありませんでした。なぜなら、情報が混沌としていて、資料が見つけにくかったからです。 中華民国の服装品は、中華民族の衣装の歴史で重要な部分をしめます。これは、封建的な清朝(大清帝国)の服装品システムの終わりと、新しい共和国政府の服装文化の確立を示します。

中華民国期の文化形態は、さまざまな種類の特徴を十分に示し、民国初期の新しい服装文化の創造の難しさや、その後の服装文化の多様性と豊かさにつながっていきます。中華民国の服装発展は完全に連鎖がなりまっています。

封建社会の末期において、衣服は時代の発展に追いついておらず、洞察力のある人々はこれをはっきりと見てきました。当時の中国の先進的な人々の目には、伝統的な服装システム(服制)を変えることが急務でした。服装改良は、纏足をやめて断髪することと同じくらい重要でした。無駄をとりのぞき、服装を仕事と生活にみあった簡素なものにすることが必要でした。

中華民国期の服装の変化は、社会的理由に加えて、国内外で生地生産の技術が大幅に向上したことにもよります。国内外で生産された衣料品は、色やスタイルをかなり豊かにしました。 一般的に、中華民国初期の服装は、一般的にゆっくりと進んでいますが、明らかな社会的痕跡があります。このような服装の変化は、伝統にもとづきながらも絶えず進化しました。古い服装システムが置き換えられ、新しい服装システムがまだ普及していない場合、新旧の衣服は後退しはじめます。

洋服には便利さや実用性があり、若い階級や上流階級の新鮮さを示すのに適する利点があるため、人々は外国の服のスタイルを受け入れました。しかし、当時、ネクタイを首に巻くのが面倒だ、固いシャツカラーが不快だ、手袋が不便だなど、中国人には慣れていないスーツの欠点が障壁となりました。価格も比較的高かったです。

この感覚は、スーツが徐々に人々の日常の服になり、独特で対照的な感覚をもっているために生じました。文化的エリートや上級者のスーツや靴が社会全体でデモンストレーションの役割をはたしていることを示しています。ですから、当時、スーツをどのように人気のあるものにして、中国の衣装習慣に焦点を当てるかが、服装改革を進めるための鍵となりました。

国産品を提唱することで、洋服の中国化のプロセスが加速しました。中国の中山装は、中国と西洋のスタイルを組み合わせた製品です。また一部に日本文化の要素(学生服)も見受けられます。

旗袍の外観は、伝統的なチャイナ服(とくに立領)を継承しただけでなく、近代の産業社会の文明を組み込んだ、女性の文化を真に反映していました。旗袍は中華民国期の女性にとって最も重要なドレスであり、今日でも人気があります。これは、清朝期の旗袍に西洋の縫製方法と美的概念をくみあわせた新しいドレスです。

中華民国以来、衣服の機能的な区別がだんだん明らかになり、制服が特定の職業の象徴になりました。警察には警察の制服があり、軍隊には軍服があります。上司は長いガウンを着用し、男性は短い服を着ています。服装規制は、中華民国期に形成されたエチケットが将来の習慣に重要な影響を及ぼしました。要約すると、中華民国は現代の社会服装生産の原点であり、20世紀以来、中国の服装文化の発展の方向性を決定してきました。正しいアドボカシーと洞察に満ちた人々のたゆまぬ追求のなかで、中華民国の服装は継続的に改善されてきました。中山装や旗袍などの象徴的な紳士服と婦人服も、多様になりました。服装文化は前例のないクライマックスを形成したのです。

日本語表記/原文表記はこちらです。徐華龍『民国服装史』上海交通大学出版会、2017年/徐华龙『民国服装史』上海交通大学出版会、2017年

徐華龍『民国服装史』上海交通大学出版会、2017年

書籍・図鑑
スポンサーリンク
この記事の著者
ぱおつ

旗袍好きの夫婦で運営しています。ぱおつは夫婦の融合キャラ。
夫はファッション歴史家、妻はファッションデザイナー。
2018年問題で夫の仕事が激減し、空きまくった時間を旗袍ラブと旗袍愛好者ラブに注いでいます。調査と執筆を夫、序言と旗袍提供を妻が担当。

旗袍的新故事をフォロー
このページをシェア
旗袍的新故事をフォロー
旗袍的新故事

コメント

タイトルとURLをコピーしました