この冬ELLEがお届けするお出かけアイテム

周慕橋の描いたチャイナ服(旗袍や漢服など)

旗袍ギャラリー
スポンサーリンク
近代中国のカレンダー広告デザインの創始者である周慕橋の略歴と、彼のカラー広告を紹介しています。

カレンダー広告画は19 世紀末に登場し、民国期に大流行しました。そして、最も重要な広告宣伝の手法の1 つとなりました。

周慕橋

周慕橋は現代中国のカレンダー広告デザインの創始者(? – 1923)。江蘇省蘇州出身です。

作品はMuQiao、Mu Qiao、Zhou Quanによって署名されており、それらのほとんどはMuQiaoです。

張志英の弟子でしたが、呉陽を尊敬し、中国絵画に精通しており、制作も早いため、作品数も多く、20世紀初頭に立ち上げました。

20世紀初頭、彼は自身の作品《瀟湘館悲題五美吟》と《花木蘭》でした。

西洋絵画のモデリングと伝統的絵画の遠近法を使ったため、一般の人々には、視覚効果は古代絵​​画とは比べものになりませんでした。

また、色についても、伝統的な美術絵画よりも豊かでした。

マンスリーカードはギフトとして顧客に大変な人気がありました。周慕橋の名声はとても高くなり、絵を注文する人がどんどんやって来ました。

上海人の年配の世代は、醤油店、理髪店、食料品店の内外で「関雲の長い読み物「春と秋」」の月刊カードをよく目にしました。これは周慕橋の有名な作品で、ほぼ再発行されています。

毎年、これらの小さな商品店に人がたむろします。周慕橋は、20世紀初頭に中国の女性を代表する最初の広告画家でした。

その後、彼の地位は鄭曼陀に置き換えられました。彼は上海に到着したとき、近代中国の女画ジャンルを形成しました。

周慕橋の描いたチャイナ服(旗袍や漢服など)

清朝期の服装をモデルに、ゆったりした旗袍や漢服の作品がたくさん描かれました。

趙琛『中国近代広告文化』大計文化事業有限公司(台湾)、2002年、106頁。

上衣は旗袍。平肩連袖、レースのパイピング、左胸に赤い花柄刺繍。下はズボン。

  • 安東謙盛豐
  • 作者:慕橋
  • 規格:77.9cm×50.8cm
  • 趙琛珍藏

趙琛『中国近代広告文化』大計文化事業有限公司(台湾)、2002年、106頁。

左)広めの漢服、右結び。立領はめだたず、ピンクの大襟、身頃は深青。下はズボンか。

右)2枚重ねの漢服。下はスカート。漢服の内側に立領あり。大襟がなく、身頃中心で着脱か。外側の漢服は前結びか。ピンクの袖は内側の漢服からの続きか。

  • 山東興華造胰公司
  • 規格:77.2cm×53.1cm
  • 趙琛珍藏

趙琛『中国近代広告文化』大計文化事業有限公司(台湾)、2002年、107頁。

手前6人のみ言及。

すべての人が旗袍ですが、丈が短くツーピースに使っています。スカートは4人、ズボンは2人。うち子供一人はピンクの前掛け、なかにズボン。

すべての旗袍の立領(チャイナカラー)は高く、満族の旗袍によくあったもの。

  • 1914年
  • 作者:周慕橋
  • 老刀牌英美煙公司
  • 規格:78.6cm×52.4cm
  • 趙琛珍藏

出典

趙琛『中国近代広告文化』大計文化事業有限公司(台湾)、2002年
旗袍ギャラリー
スポンサーリンク
この記事の著者
ぱおつ

旗袍好きの夫婦で運営しています。ぱおつは夫婦の融合キャラ。
夫はファッション歴史家、妻はファッションデザイナー。
2018年問題で夫の仕事が激減し、空きまくった時間を旗袍ラブと旗袍愛好者ラブに注いでいます。調査と執筆を夫、序言と旗袍提供を妻が担当。

旗袍的新故事をフォロー
このページをシェア
旗袍的新故事をフォロー
旗袍的新故事

コメント

タイトルとURLをコピーしました