幼児教育から生涯学習まで【経済史ドットコム】

清代旗袍に関する記事リスト

清代旗袍に関する記事リストです。

旗袍という言葉が使われたのは民国期ですが、形態からみて民国旗袍につながる構成要素はすでに存在しています。便宜上、「旗袍的新故事」では清代の旗袍(清代旗袍)という言い方をしています。

旗袍の構成要素

旗袍の形が清朝期からどれほど変化しても、変わらなかった点があります。これを普遍的な要素といいます。

旗袍の構成要素は次の4点。チャイナドレスの特徴です。

  1. 立領(チャイナカラー)
  2. 大襟
  3. スリット
  4. チャイナボタン

最近では、4つ目のチャイナボタンを横ファスナーに代替することが増えています。

また、大襟を装飾にして着脱を後ろファスナーにしたものが増えています。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
この記事の著者をフォロー
タイトルとURLをコピーしました