この冬ELLEがお届けするお出かけアイテム

鴻翔公司:民国期創業の女性ファッション専門店

歴史(テーマ別)
スポンサーリンク

鴻翔公司(鸿翔时装公司)は、1917年に上海に設立された、上海初の中国人経営による女性ファッション専門店です。

金鴻翔の徒弟時代

創業者の一人、金鴻翔(ジン・ワンシャン)は、最初、上海の中国衣料品店で見習いとして働き、ウラジオストクにわたってから洋服を学びました。上海に戻った後、金鴻翔は悦兴祥西洋裁縫店で技術者として働きました。金鴻翔は婦人服の裁断や生地だけでなく、イブニングウェア・ショップの経営にも精通していました。

1917年、上海の川沙出身の金鴻翔と金仪翔(ジン・イシャン)の兄弟が、靜女守路(现南京西路)でファッション部門をもつ「鴻翔西服公司」をオープンしました。これがはじまりです。

1928年、鴻翔公司は拡大しました。ビルは6部屋2階建てを再建したもので、その後、1,200平方メートルのビジネスエリアをもつ9部屋に発展しました。店舗構造は、フロントショップとバックワークショップの方法を採用しました。

1943年、鴻翔はさらに発展して、南京大路(現南京東路)に「東鴻翔」とよばれた支店を開設しました。

鴻翔公司の開店

鴻翔公司(鸿翔时装公司)。上海艺术研究所・周天編著『上海裁缝:现代工匠品味与格调』上海锦绣文章出版社(上海世纪出版股份有限公司发行中心)、2016年、26頁。

鴻翔公司(鸿翔时装公司)を開店後、鴻翔を上海の有名な衣料品会社にするために兄弟は一生懸命に働き、頭角を現しはじめました。鴻翔は、さまざまなハイエンドの女性ファッションに従事し、絶妙な素材選択、多種多様で斬新なスタイル、そして絶妙な職人技によって、国内外で知られるようになりました。

レディースのオーバーコート、シルクのドレス、旗袍、ワンピースドレスなどはすべて、曲線体型へのマッチング、曲線美、柔らかさを強調しました。

作るときは、「押す・戻す・引く」(推,归,拔)を適切に処理しました。裏地は高温と水で形づくられ、縫製は伝統的な手作業で作られました。仕上がった衣服は自然で快適で、長い間変質しませんでした。「推归拔」という、裁断を極力減らす技法はシームレスな服として定評がありました。

鴻翔公司のグレードアップ

1933年、鴻翔は、米国シカゴ世界博覧会に6点の旗袍をデザインして出品しました。旗袍の絶妙な制作が話題をよんで銀賞を受賞。

1934年、鴻翔は宋慶齢に中西合壁(中西融合)の服装を1着制作しました。すべて手作りで、民族伝統と現代トレンドを統合した衣装で、美しい外観とわかりやすい曲線になっていました。宋慶齢はこの服をとても気に入りました。「推陈出新,妙手天成,国货精华,经济干城」という詩文を特別に書いて、これを「鴻翔」に贈りました。

1946年、英国エリザベス女王は結婚間近で、鴻翔会社は中西合壁の高級シルクドレスを特別に制作し、上海の英国総領事館をとおして結婚式に女王へ贈られました。女王はこの服を受け取った後、署名つきの感謝のノートを送りました。

日本の雑誌は、「中国から輸入したシルク(日本やイタリアからではなかったのは、戦争の影響)」と寝ぼけたことを抜かしています(エリザベス女王のウエディング・ドレス ストーリー)。英国が日本製絹織物を積極的に輸入しても当然だったかのような誤解を生む文面です。

鴻翔は、服のデザインと技量の卓越性に努めてきました。また、広告や広報にも多大な労力を費やしました。毎年秋にピークシーズンを迎える臨時節をのぞき、2つの主要新聞《申报》《新闻报》の表紙に巨大な広告を掲載していました。さらに、福州路と江西路では、さまざまな方法で同社の製品を宣伝しました。

鴻翔はスターたちの衣服生産にも取り組みました。映画スターの胡蝶、阮玲玉、陳云(陈云)、徐来たちのさまざまな服をつくり、良好な関係を続けました。また、鴻翔はファッションショーを開催し、参加者達から高い評価を得ました。

1935年11月23日、胡蝶が結婚式を開いたとき、金鴻翔はウェディングドレスをデザインし、胡蝶の名前と一致する100個の蝶をウェディングドレス全体に刺繍しました。それから、胡蝶の写真を店の顧客に配布。このことは、しばらくの間、上海でセンセーションを巻き起こし、胡蝶を宣伝するだけでなく、鴻翔自身をも宣伝したことになりました。

1946年、江蘇省北部の難民を支援するために、杜月笙は資金調達を目的としたミス上海選挙を主催しました。 この大規模なコンテストには、最も人気のある映画スターたちを集めました。出場者たちが着た美しい旗袍は「鴻翔」が後援したものでした。

杜月笙と孟小冬のツーショット(1930年代半ば)。杜月笙与孟小冬合影 via 手机百度

金鴻翔の宣伝方法はとても巧妙でした。たとえば、新しい女性のオーバーコートを宣伝するファッション広告では、旗袍とコートのマッチング方法、周辺市場、ハイヒールなどのマッチング方法などを紹介しています。

金鴻翔はまた、業界での販売を促進するために、購入宝くじ方式を使用しました。この発想は少なくとも上海では初めてのものです。具体的には、1等賞には3カラットのダイヤモンドリング、2等賞には20個の小さなダイヤモンドリングが配られました。 開店前、南京路支店の「品珍珠宝店」の大きな窓に景品が飾られ、出入りする人たちは木枠の窓から見ることができました。

1940年代、まだまだ発展しました。鴻翔は、すでに上海灘で最も古いファッション店となっていて、あらゆる分野の有名人から高い評価を受けた有名なファッション店となったのです。

鴻翔の現在

1990年代以降、外国のライバルやハイストリート・ブランドとの競争に遅れをとっていました。何年にもわたって、鴻翔は復活しようとしてきました。2017年10月28日、カムバック宣言をかねた壮大なファッションショーを開催。親会社であるカイカイ・グループは、由緒あるブランドの宣伝を支援するため、100万元の財団を設立すると発表しました。このファッションショーの詳しい内容はこちら(外部リンク)。

歴史(テーマ別)
スポンサーリンク
この記事の著者
ぱおつ

旗袍好きの夫婦で運営しています。ぱおつは夫婦の融合キャラ。
夫はファッション歴史家、妻はファッションデザイナー。
2018年問題で夫の仕事が激減し、空きまくった時間を旗袍ラブと旗袍愛好者ラブに注いでいます。調査と執筆を夫、序言と旗袍提供を妻が担当。

旗袍的新故事をフォロー
このページをシェア
旗袍的新故事をフォロー
旗袍的新故事

コメント

タイトルとURLをコピーしました