この冬ELLEがお届けするお出かけアイテム

旗袍営業中:香港からカナダに移住したコニー一家

旗袍コラム
スポンサーリンク

チャイナドレスの仕立てについて香港からカナダに移住したコニー・ソンさん(妻)とトミーさん(夫)ご夫婦にインタビューした記事。

We Spoke To A Hong Kong-Canadian Family About Cheongsam Tailoring & The Art Is So Inspirational
It takes them three hours just to sew the buttons!

末っ子で37歳のサイモンさんが父親の子として引き継ぎを希望して、いまは見習いをしています。

そして、子どもたちは貿易商人として、トロント郊外の家の地下で小さなワークショップを運営し、家族経営を続けています。コニーさんはビジネスの業務をすべて管理し、家族の将来設計を立てていて、トミーさんは服作りに専念。

両親が慎重にサイズを決めて生地をカットし、ボタンを手作りし、これらの美しい衣服を一生縫い合わせるのを長男アルフレッドさんは見てきました。両親のビジネスに注がれた努力と情熱を理解したアルフレッドさんは、両親の物語や世界を共有することで、ドキュメンタリー「The Last Stitch」(外部リンク)を作成しました。このドキュメンタリーは、両親が旗袍の作成に費やした詳細を示しています。

アルフレッドさんのドキュメンタリーは、引退をひかえる高齢の両親をフィーチャーし、家族がビジネスを維持して、旗袍の遺産を引き継ぐ方法を模索しているところを追っています。ドキュメンタリーは、自分の遺産を継続するという考えに焦点をあてています。ソン家の物語は歴史、情熱、美しさに満ちていて、その断片をドキュメンタリーから感じとれます。

カナダ移住

1996年にコニー&トミー・ソンさん夫婦は、香港からカナダに移住するまえ、香港の伝説的なレパルスベイ・ホテルで西洋仕立屋を経営し、スタッフによるホームワークショップを運営していました。世界的なショッピング地として、香港には人気のあるチャイナドレスの仕立屋やデザイナーたちがいました。

 「2人の息子と一緒に異国の地に到着した両親は、仕立てのスキルをうまく活用し、家族経営をゼロからつくりました」とアルフレッドさんは話します。

 コニーとトミーのクライアントのほとんどは華僑のメンバーです。

結婚式などの重要な式典に出席するために新しい衣服が必要なときに訪問します。トミーとコニーはカナダ人向けの旗袍をはじめ、特別なイベント時のために衣装を縫い合わせています。

仕立の妙味

領・襟は仕立て屋が自分のスキルを披露できる部分です。また、手作りのチャイナボタンを旗袍に縫いつけるには3時間かかります。

アルフレッドさんによると、チャイナボタン、袖、領・襟はチャイナドレスの仕立屋の真のスキルが試される部分です。「トミーとコニーは、チャイナドレスのマンダリン・カラー(立領)をチャイナドレスの魂とカリスマ性と見なしています。花柄ボタンはもう1つの重要な要素です。チャイナボタン作りをマスターするスキルと芸術的な心は高い必要があります。」

これらの伝統的な衣服は、その美しさとそれぞれを作成するためのスキルでよく知られています。そのため、香港経済貿易局(トロント)は、完全に工芸品に特化した展示を作成しました。

Transformative Chic: The Everlasting Cheongsam Exhibitionは、この文化的アイコンを活性化させた香港のファッションデザイナーの創造性を紹介する独占的な仮想体験になります。展示は、誰でも体験できるようになりました(2021年7月31日まで)。

アルフレッドさんによると、「トミーとコニーは、10代の頃から西洋の仕立技術で訓練され、働いてきました。ですから、典型的な種類の伝統的なチャイナドレスの仕立屋ではありません。」 「彼らはカナダの顧客のために手作りのチャイナドレスに西洋の技術を適用しています。そして、エレガントなチャイナドレスは今や成功と美しさのイメージに関連づけられています。

 探索したいのに今はできない場合、この場所を故郷と呼ぶアーティストの創造性を探求する一連の旅程カレンダーやストーリーを備えたArts in Hong Kongで、香港の文化に浸ることができます。 6月から7月1日までカナダで開催されるTransformative Chic: The Everlasting Cheongsam Exhibitionをチェックしてください。ここでは、香港のトップデザイナー数名から、美しい旗袍のモダンでユニークな解釈について学べます。

旗袍コラム
スポンサーリンク
この記事の著者
ぱおつ

旗袍好きの夫婦で運営しています。ぱおつは夫婦の融合キャラ。
夫はファッション歴史家、妻はファッションデザイナー。
2018年問題で夫の仕事が激減し、空きまくった時間を旗袍ラブと旗袍愛好者ラブに注いでいます。調査と執筆を夫、序言と旗袍提供を妻が担当。

旗袍的新故事をフォロー
このページをシェア
旗袍的新故事をフォロー
旗袍的新故事

コメント

タイトルとURLをコピーしました