この冬ELLEがお届けするお出かけアイテム

北京市内の高校入試で保護者が旗袍で子供を見送り

旗袍コラム
スポンサーリンク

6月24日に北京市内で高校入試が行なわれました。初日、中国人民大学付属高校経済技術開発区学校の試験場で、受験生2人の保護者が特別に赤色の旗袍を着て、子供を見送りました。

両親は、試験の3日間、毎日異なる色の旗袍を着るといいました。それぞれの色は異なる意味を表します。初日に赤い旗袍を着ることは、合格と良いスタートを意味します。2日目には緑の旗袍を着ます。つまり、残りの試験ではずっと青信号がつづき、試験の調子がますます良くなります。試験3日目は黄色の旗袍を着ます。つまり、試験後に栄光にたどりつくことを意味します。

出典

旗袍コラム
スポンサーリンク
この記事の著者
ぱおつ

旗袍好きの夫婦で運営しています。ぱおつは夫婦の融合キャラ。
夫はファッション歴史家、妻はファッションデザイナー。
2018年問題で夫の仕事が激減し、空きまくった時間を旗袍ラブと旗袍愛好者ラブに注いでいます。調査と執筆を夫、序言と旗袍提供を妻が担当。

旗袍的新故事をフォロー
このページをシェア
旗袍的新故事をフォロー
旗袍的新故事

コメント

タイトルとURLをコピーしました