この冬ELLEがお届けするお出かけアイテム

旗袍の洋服化:1920年代から1950年代までの変遷

旗袍の洋服化:1920年代から1950年代までの変遷

「旗袍的新故事」の一大関心事は旗袍の洋服化です。洋服化は1920年代にはじまり、いろんな技術を西洋からとりいれて、1950年代にはすっかり中西合壁(中西融合)が定着しました。

旗袍の洋服化(西洋化)は次のような点がメインになります。

  • 綿入の消滅
  • 接袖の導入
  • 肩縫線の導入
  • ダーツの導入
  • ジッパー(ファスナー)やスナップボタンやカギホックの導入

各時代ごとに旗袍と西洋ドレスがシンクロしていることを検証しました。「atelier leilei」の記事「与西方服饰同步的美丽旗袍(中文)」もご覧ください!

スポンサーリンク
スポンサーリンク
このページをシェア
旗袍的新故事をフォロー
タイトルとURLをコピーしました