この冬ELLEがお届けするお出かけアイテム

鄭曼陀の描いた旗袍:風景と旗袍女性を同僚との分業で

旗袍コラム
スポンサーリンク

鄭曼陀(郑曼陀/チェン・マントゥオ)は近代中国の広告筆塗り技術(擦筆繪畫技法)の創始者です。

20世紀初頭のカレンダー広告界で傑出した存在でした。1885年~1959年。本名は菊如達、鄭曼陀はペンネーム。

このページでは鄭曼陀のバイオグラフィーを簡単にまとめています。

鄭曼陀に関する記事リストはこちらをご覧ください。

杭州で

鄭曼陀は、杭州で生まれ、病弱のため原籍の安徽省隠賢郡で養父に育てられました。子供の頃から観察眼の鋭かった彼は絵を描くことが好きで、かなり才能がありました。

杭州育英書院で英語を学び、王という民俗画家から肖像画を学びました。

その後、杭州にある「二友軒」という写真館に就き、ポートレート写真を専門に描きました。先生から学んだ伝統的な肖像画のスキルと、本から学んだ水彩画のスキルを組み合わせ、ゆっくりと新しい絵の方法、つまりブラシと水彩の関係を研究しました。

まず、明暗のレベルには灰黒色のチャコールパウダーを使い、水彩画の明るい色を加えました。彼が描いたファッショナブルな女性たちは、強い立体的な顔、エレガントで心地よい血色、そして繊細で柔らかい肌をしています。

鄭曼陀は、肖像画にリアリティを与えるために、描かれたキャラクターの目に注意しました。見る者と画中の人の目があったとき、効果を発揮しました。「一緒にいる」感覚が出てくるわけです。

杭州で彼の名声はすぐに知られました。

上海へ

濱江徳記茶店(滨江德记茶店)カレンダー・ポスターの旗袍。描画は鄭曼陀(郑曼陀)。白雲『中国老旗袍 : 老照片老広告見証旗袍的演変』光明日報出版社、北京、2006年、99頁。

当時、杭州は上海ほど繁栄しておらず、当地で鄭曼陀は独自な能力を発揮できなかったので、自分の芸術で生計を立てるために上海に行きました。

上海で彼は、マンスリー・カレンダー(月份牌)をとおして伝統衣装を着た女性の画像を見ました。そのとき、自分の描く新しいファッション美のほうが素晴らしいと感じました。

自分の居場所に慣れなかった彼は、有名人がよく出歩く張園で運試しをしました。

薬局広告でデビュー

張園で、筆と水彩で描いた4枚のファッション美女の絵画を掛けたところ、上海で商売上手な有名実業家の黄忠宇が通りかかりました。鄭曼陀の描く美しさは商業広告に使えて利益になると考え、黄忠宇は鄭曼陀の美しい絵画4点をすべて買いました。これらを使って、彼は中国とフランスの薬局の広告に使いました。

黄忠宇が鄭曼陀の新しいスタイル画を発見したニュースはすぐに上海で広まりました。工商界は鄭曼陀の広告絵画がうむ途方もない力を確信しました。

その結果、彼の新しい絵画方法が突然人気を博しました。煙草会社、保険会社、印刷所は彼につぎつぎと絵を注文しました。仕事が多すぎて、彼が契約で得たお金が数年後に支払われることもありました。

1914年から1920年までに鄭曼陀は100を超える広告画を描きました。

南洋兄弟煙草公司ポスターでの飛躍

とくに彼が幸運だったのは、南洋兄弟煙草公司の幹部である潘達微の眼に留まったことでした。

鄭曼陀は水彩画家の徐泳青と協力して、1924年に南洋兄弟煙草公司の広告ポスターに「秋色橫空人玉立」を共同描画しました。この作品は批評家から優れた作品と評されました。二人は、徐泳青が風景を描いて鄭曼陀が旗袍女性を描く分業をしたのです。

中国南洋兄弟煙草有限公司。作者は鄭曼陀。規格:76.4cm×50.3cm。
趙琛珍蔵。趙琛編著『中国近代広告文化』大計文化事業有限公司、台湾、2002年、117頁。

風景と旗袍女性を同僚との分業で描いた発想はナイスでした。

そういえば、19世紀後半のフランスでは10人体制で小説を書いた作家たちがいました。すっかり名前を忘れましたが。

マンスリー・カレンダー(月份牌)は旧上海の広告手法でした。鄭曼陀の筆の水彩画手法の登場で、カレンダーは急速に発展して、さらに人気が高まりました。

旗袍コラム
スポンサーリンク
この記事の著者
ぱおつ

旗袍好きの夫婦で運営しています。ぱおつは夫婦の融合キャラ。
夫はファッション歴史家、妻はファッションデザイナー。
2018年問題で夫の仕事が激減し、空きまくった時間を旗袍ラブと旗袍愛好者ラブに注いでいます。調査と執筆を夫、序言と旗袍提供を妻が担当。

旗袍的新故事をフォロー
このページをシェア
旗袍的新故事をフォロー
旗袍的新故事

コメント

タイトルとURLをコピーしました