この冬ELLEがお届けするお出かけアイテム

エレガントで質素な旗袍女子学生が選ぶインダンスレン色布

イラスト・ポスター
スポンサーリンク

作者不詳のポスターです。スキャン元は中国上海XXLの絵葉書です。

インダンスレン染料を使った濃い藍色の旗袍。色が鮮やかです。民国期のビンテージものをネットで見るかぎり、実物もこれくらい鮮やかだったようです。

ポスターの下側に赤文字で、「エレガントで質素な女子学生が選ぶインダンスレン色布」と書いてあります。学生服の旗袍でもインダンスレン布は愛用されたのでしょう。

エレガントで質素な旗袍女子学生が選ぶインダンスレン色布

インダンスレン。規格:78.0cm×53.2cm、趙琛珍蔵。「エレガントで質素な女子学生が選ぶインダンスレン色布」。趙琛編著『中国近代広告文化』大計文化事業有限公司、台湾、2002年、236頁。

イラスト全体の印象ですが、ラインがしっかり描けています。当時のインダンスレン染料を使った旗袍の広告ポスターでは、晴雨商標が多く登場します。

左の女子学生は旗袍。インダンスレン布は藍色だったはずなので、この旗袍は広告の対象外となるでしょうか。

と思いきや、ポスター下にインダンスレン布の紹介がありました。藍色、桃色、ベージュ色の3種を用意していたことがわかりました。

花を持った右の女子学生は、上衣にニットを被っているように見えますが、広告の趣旨からして、ベージュのインダンスレン布ブラウスかと思います。そして、インダンスレン布のスカートを穿いているようです。

本を抱えた左の女学生の旗袍はいたってシンプル。ピンク色のインダンスレン布の旗袍を着ています。

黄色のマフラーに隠れて立領は見えません。スリットは膝上あたりから。

おそらく平肩連袖で、袖の長さは半袖。大襟、身頃横、袖口に施されたパイピングは茶色のテープに黄色のラインが入っています。締りのあるコントラストですね。

インダンスレン布を使った旗袍

インダンスレン染料を使った生地は、1930年代に学生服や制服、それに日常用の旗袍にまで広く使われました。

カレンダー・ポスターにも、この趨勢は反映しています。インダンスレン布に関する記事リストを次の記事にまとめているのでご参照ください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました