この冬ELLEがお届けするお出かけアイテム

杭稚英の描いた旗袍のポスター(広生行化粧品)

イラスト・ポスター
スポンサーリンク

杭稚英の描いた旗袍のポスター(広生行化粧品)

これは広生行化粧品(廣生行化妝品)のポスターで、杭稚英(杭穉英)が作成。

中国上海XXLと記されたポストカードからスキャン。見慣れたポスターだからすぐに見つかると思いつつ、参考文献をあれこれ調べてみるも載っていませんでした。

廣生堂雙妹嚜(Two Girls Brand、広生行化粧品)、杭稚英(杭穉英)作。

旗袍

二人の女性に同じ旗袍、平肩連袖の半袖です。生地は薄い黄色で花柄。

立領は高く7cmほどで、小円領。大襟は途中で斜線方向が変わるタイプ。チャイナボタンは大襟に1個。スリットは高く40cmほどでしょうか、立ち上がると膝下まではいきそうです。

パイピングはオレンジでコントラストが少し効いています。立領はかなり高く、ボディにダーツの痕跡はありません。

二人とも髪の毛はパーマ、靴はハイヒール・パンプス。ストラップがないパンプスです。

廣生堂(広生行化粧品)

廣生堂は、1898年に香港で創業した化粧品メーカーです。1903年、上海に流通事務所を設立。1930年、唐山路に上海広生行工場をつくり、現在の上海家化联合股份有限公司(上海家化聯合股份有限公司)にいたります。

香港での現在の企業名は「廣生堂」で、今回紹介した絵葉書の「双子」を意味する「雙妹(ロ墨)ソンムイマッ)/Two Girls Brand」というブランドで長らく営業を続けています。1930年代のオールド上海をコンセプトにしたコスメや小物類があります。

詳しくはこちら(廣生堂[グオン・サン・トン] | 香港ナビ)をご覧ください。

香港の廣生堂では、こんな紙袋に入れてくれますよ。

廣生堂雙妹嚜(Two Girls Brand)

廣生堂雙妹嚜(Two Girls Brand)

と、私が香港で化粧品を買ったかのように書いてしまいましたが、実はヤフオクで買いました(笑)。

イラスト・ポスター
スポンサーリンク
この記事の著者
ぱおつ

旗袍好きの夫婦で運営しています。ぱおつは夫婦の融合キャラ。
夫はファッション歴史家、妻はファッションデザイナー。
2018年問題で夫の仕事が激減し、空きまくった時間を旗袍ラブと旗袍愛好者ラブに注いでいます。調査と執筆を夫、序言と旗袍提供を妻が担当。

旗袍的新故事をフォロー
このページをシェア
旗袍的新故事をフォロー
旗袍的新故事

コメント

タイトルとURLをコピーしました