この冬ELLEがお届けするお出かけアイテム

老刀牌(倪耕野):旗袍ポスター

イラスト・ポスター
スポンサーリンク

倪耕野の描いた老刀牌ブランドのチャイナ服イラスト(ポスター)です。

旗袍のイラストでは怖い方…。

老刀牌香烟(パイレーツ煙草)

老刀牌香烟(パイレーツ煙草)は、民国期に早くから輸入されていたタバコの一つです。かなり有名なタバコブランドで、「哈徳門」「大前門」「三炮台」などと同じくらい知られていました。

古い映画にもたまに出てきました。抗日戦争期や国共内戦期に連絡先コードとしてよく使われました。

はじめ、老刀牌香烟はイギリスのジェームス社が生産していました。パイレーツと名づけられた1891年に上海公発英行が代理販売するようになりました。

老刀牌(倪耕野):旗袍ポスター

旗袍のポスター。老刀牌(パイレーツ煙草)。倪耕野の作品。絵葉書(中国上海XXL)。

旗袍といっても、外にブラウスを着ているので、詳細がわかりません…。

内の旗袍は水色地か白地で、ブルーとピンクのダイヤ模様になっています。スリットは、白色テープにブルーの斜線入り。チャイナボタンも同色です。かなり規則正しくボタンを並べて描いています。

このイラストの女性の顔が怖くて、もう少し明るい色で描けなかったのでしょうか…。青ざめた顔色で不気味に笑う少女…。レイレイに感想を聴くと、「名づけて怨念」と…(笑)。

眉毛がかなりグレタ・ガルボかアンナ・メイ・ウォン風で、1930年代だなぁと感じました。

イラスト・ポスター
スポンサーリンク
この記事の著者
ぱおつ

旗袍好きの夫婦で運営しています。ぱおつは夫婦の融合キャラ。
夫はファッション歴史家、妻はファッションデザイナー。
2018年問題で夫の仕事が激減し、空きまくった時間を旗袍ラブと旗袍愛好者ラブに注いでいます。調査と執筆を夫、序言と旗袍提供を妻が担当。

旗袍的新故事をフォロー
このページをシェア
旗袍的新故事をフォロー
旗袍的新故事

コメント

タイトルとURLをコピーしました