この冬ELLEがお届けするお出かけアイテム

林文烟カレンダー・ポスター(謝之光)のチャイナブラウス

イラスト・ポスター
スポンサーリンク

このチャイナ服のイラストは謝之光の描いた、林文烟という化粧品メーカーのカレンダー・ポスター(1927年)です。

上のほうに花露香水、花露香粉と書いています。林文烟はアメリカの化粧品ブランドといわれますが、詳細は不明です。

林文烟カレンダー・ポスター(謝之光)のチャイナブラウス

林文烟花露水。林文烟カレンダー・ポスターのブラウス(1927年)。描画は謝之光。Lin Wen Yan Perfume Calendar Poster in the 20’s. 21世紀になってから北京市郵政管理局の絵葉書として販売。

この上衣は難しいです。袖なしのベストなのか、2種の生地でつくった旗袍(というかチャイナブラウス)なのか。どっちみち、このモデルはスカートを穿いているので、ツーピースを想定としたジャケットかブラウスといったところ。

ただ、立領、大襟、チャイナボタン、スリットが確認できます。旗袍の構成要素をクリアしているのでとりあげました。

立領と身頃は黒地。身頃に金色の刺繍らしき紋様。パイピングは白色か金色。袖はオレンジ色の大袖。

この辺は1920年代らしい、清代や1910年代を引きずった形です。他方、スカートの丈が長く、また、上衣の凹み部分がかなり上に来ているので、黄金比をふまえている点はかなり西洋化しているともいえます。

靴はストラップつきのローヒール。イヤリングに大きな赤い花。髪はパーマなしのショートヘア。

林文烟花露水。林文烟カレンダー・ポスターのブラウス(1927年)。描画は謝之光。白雲『中国老旗袍 : 老照片老広告見証旗袍的演変』光明日報出版社、北京、2006年、104頁。

白雲『中国老旗袍』では次のように説明されています。

「小さなセンスを手に持ち、ドレープのような風合いのロングスカートを穿いて、裾をたっせる出飾り、腰を引き締めた美しさ。クラシックのなかに神事代の女性解放を物語っている」(白雲『中国老旗袍 : 老照片老広告見証旗袍的演変』光明日報出版社、北京、2006年、104頁)。

清代や民国初期の旗袍やチャイナ服を引き継ぎながらも、西洋化を内包している点に、著者も躍動感を感じているようです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました