この冬ELLEがお届けするお出かけアイテム

旗袍のイベント「旂韻芳華 蝶変花島」が崇明で開催

旗袍コラム
スポンサーリンク

2021年6月25日、上海の各界の女性たちが、10カ国以上の総領事館や領事館の代表者と手をくみ、フラワー・エキスポに集まり、「旂韻芳華 蝶変花島」をテーマに、演劇、刺繍披露、ファッションショーなどを行ないました。さまざまな花々がそれぞれの美しさをみせ、華麗でエレガントな上海風旗袍(海派旗袍)を友情の架け橋として、世界と対話しました。

復興館のメインステージで、観客は、上海市女性連盟が録画した文化鑑賞博覧会の公共福祉ビデオ「共享花博会 家庭文明行」を見て、著名家族の代表者に、感謝の意を表しました。花博の美しさ、文明化された庭園を実現するための「8つの必需品」を実現するために、博覧会を観覧したすべての家族を擁護しました。

上海海派旗袍文化振興協会の旗袍姉妹が順番に素晴らしい演劇を上演しました。ファッショナブルな改良旗袍、絶妙な刺繡旗袍、プリント旗袍など、目がくらむほどの旗袍が並びました。「上海の味」が強い上海語の「ジャスミン」と「ガルデニア」は、石庫門の路地から来たようで、人々の記憶を呼び起こしました。旗袍ショーと旗袍ダンスは、新しい時代の都会女性のファッションの魅力を示すとともに、江南の女性の優しい優雅さを強調しています。調和のとれた温かみのある雰囲気のなかで、フラワーエキスポをテーマにした音楽「牡丹オード」と「チャイニーズドリームに咲く花」を背景に、一流のゲスト、国際来賓、旗袍姉妹たちが花の中心軸に沿って、世紀館へと散歩しながら友情を深めました。そして、フラワーエキスポガーデン全体を見下ろすスカイガーデンに乗り上がって、音と光のハイテクでインタラクティブな体験をして、花で作られた「巨大な蝶」の特別な魅力を感じました。その後、古典的なツアー・ルートをたどり、台湾庭園、上海庭園、北京庭園、雲南庭園、その他の屋外展示庭園を歩き回り、地元の景観レイアウトの特徴を楽しみ、花やパビリオンに身を置きました。

このテーマイベントは、美しい経済、健全な経済、体験経済を統合して促進し、生活の質の向上、経済発展、農村の活性化を促進し、第10回中国フラワー・エキスポに輝きを与えます。 「上海スタイル文化、江南文化、紅色文化」の文化的な魅力を国際規模で友人たちと共有し、「エレガントで健康的で、自信に満ちた上品な」東洋女性のライフスタイルをリードし、国際的なスタイルと東洋の魅力と柔らかさを十分に発揮しました。

出典

旗袍コラム
スポンサーリンク
この記事の著者
ぱおつ

旗袍好きの夫婦で運営しています。ぱおつは夫婦の融合キャラ。
夫はファッション歴史家、妻はファッションデザイナー。
2018年問題で夫の仕事が激減し、空きまくった時間を旗袍ラブと旗袍愛好者ラブに注いでいます。調査と執筆を夫、序言と旗袍提供を妻が担当。

旗袍的新故事をフォロー
このページをシェア
旗袍的新故事をフォロー
旗袍的新故事

コメント

タイトルとURLをコピーしました